抜け毛を防ぐ新しい薬|薄毛に悩む女性は育毛シャンプーを使ってみよう!

薄毛に悩む女性は育毛シャンプーを使ってみよう!

男女

抜け毛を防ぐ新しい薬

鏡を見る男性

国が正式に承認した治療薬

成人男性、特に中年期以降の男性において頭髪が薄くなる現象を男性型脱毛症(AGA)といいます。男性型脱毛症については2000年代半ばより正式に医療の対象となっており、国の正式な承認を受けた治療薬も処方されています。男性型脱毛症の治療薬としてこれまで主に利用されてきたのは、フィナステリドという薬です。フィナステリドは世界で初めて「飲む育毛剤」として開発された薬で、日本では2005年に厚生労働省の承認を受け、現在も幅広く利用されています。そして2015年からは、これに加えて新たにデュタステリドと呼ばれる薬も使用されるようになっています。デュタステリドはザガーロという製品名で処方されています。保険適用外のため高額である点には注意が必要ですが、従来品以上の治療効果が期待できるとして注目を集めています。

従来の薬より広い適用範囲

男性型脱毛症は、ジヒドテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの一種が毛乳頭に働きかけ、毛の成長を抑制することで起こります。ジヒドテストステロンは5αリダクターゼという酵素によって体内に生み出されるのですが、ザガーロの成分であるデュタステリドにはこの5αリダクターゼの活動を阻害する作用があります。従来の治療薬であるフィナステリドにも同様の作用はあったのですが、実は5αリダクターゼには1型と2型の2種類があり、このうちフィナステリドの効果が及ぶのは2型のみでした。しかしザガーロには、2種類のどちらに対しても阻害作用があることが分かっています。そのため、フィナステリドによる治療を受けたが十分な効果が得られなかったという人でも、ザガーロによる治療を行えば改善が見られる可能性があるのです。